遺伝の記事一覧

髪の毛の質と遺伝について

カテゴリ:[ 豆知識 ]

私たちは体質や物の考え方など多くのことを親から受け継いできていますね。

両親の髪が薄いと自分も薄毛になる可能性が高い、
母方の祖父の薄毛が遺伝するなど、様々なことが言われていますが、
遺伝については未だ解明されていない部分も多いのが現状です。

また、薄毛だけではなくくせ毛などの髪質も親からの遺伝によるものと考えられています。
ただし、100%遺伝するということでもなく、後天的なホルモンの変化なども影響しています。

薄毛の原因の4分の1ほどが遺伝によるもので、
特に薄毛の症状の95%近くを占めると言われているAGA(男性型脱毛症)の場合は、
遺伝によるものと男性ホルモンの影響が大きいと言われています。

これはもちろん女性にも遺伝はするのですが、
女性ホルモンは抜け毛を防止するという作用があるため、女性の方が薄毛で悩む人が少ないのです。
ただ閉経して女性ホルモンが減少してくる50歳代くらいから進行する人も多いのです。

さて、この薄毛の遺伝子についてですが、ドイツ大学の研究チームが行った研究発表があります。

40歳までに薄毛になった男性のいる家系の血液を調べたところ、
X染色体にある男性ホルモンの遺伝子に異常があるということを発見しました。

このX染色体は母親から受け継がれます。
これが本当ならば、母方の祖父からの隔世遺伝は納得できますね。

では遺伝している場合は、諦めるしかないのでしょうか?

その様なことはありません。
遺伝していたとしても、薄毛そのものが遺伝して必ず薄毛になるということではありません。
遺伝していない人に比べて、薄毛になりやすい体質であるということだけです。

つまり、普段の生活習慣や食生活を見直し、正しい頭皮、頭髪ケアを続けていくことで
薄毛を制御していくことは十分可能ですから諦めずに自分の体質と付き合っていきましょう。