ヘアケアの記事一覧

ブラッシングで髪を傷めていませんか?

カテゴリ:[ 洗髪・整髪のコツ ]

ツヤツヤの魅力的な美髪を作るために欠かせないのがブラッシングです。
だからといって、ただブラッシングをしたら良いというものではありません。

間違った方法でブラッシングをしてしまうと、髪や地肌を傷める原因となります。
正しいブラッシングの方法とたくさんのメリットがあることを理解しておきましょう。

 

正しいブラッシングの方法は?

まず、ブラッシングをすることによって、抜け毛やホコリなどの汚れを取り除いて毛髪環境を清潔にしてます。
清潔ではない環境では美髪が育ちにくいですよね。

そして、頭皮を刺激することで血行が良くなります。
マッサージ効果ですね。
血行が良くなることで、髪の成長を促進してくれます。
また、頭皮の余分な角質を落とす効果もあり、身体から分泌されている皮脂膜を髪全体に行き渡せることで
つややかな美髪にしてくれます。

ブラシの素材にも気を付けよう

次にブラシ選びも重要です。
先端がとがっていなく、程よい弾力性がある目の粗い物を選びましょう。

作られている素材もいくつか種類があります。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、
乾いた髪には獣毛製、お出かけの時には目の荒いナイロン製など、使い分けるのがベストです。

では、ブラッシングをしていきましょう。

まずはもつれやすい毛先から軽くブラッシングをしていきます。
そして、ブラシの通りが良くなったら、頭皮の方からとかしていきます。

力を入れずに、出来るだけゆっくりとなでるようにブラッシングをします。
ゆっくりとブラッシングするこことで髪の摩擦を軽減することができ、髪にツヤも出てきます。

十分にとかすことが出来たら、今度は毛の流れに逆らうように生え際からつむじに向かって全体に
ブラッシングをしていきます。
ポニーテールを作るときのように髪をかきあげていくようなイメージでとかします。

そして、ブラッシングNGなのは洗髪後の濡れた状態の時です。
髪は濡れている状態の時、摩擦にとても弱いのです。
必ず、乾かしてからブラッシングをしてください。

力を入れ過ぎたり、やりすぎると逆に頭皮や髪を痛めてしまいますから、
適度に、そして優しくブラッシングすることを心掛けましょう。