パーマの記事一覧

パーマでの髪へのダメージは?

カテゴリ:[ パーマや白髪染め ]

カラーリングと同じようにおしゃれに欠かせないパーマですが、
薬品を使うため、髪のダメージは避けられません。

パーマの仕組み

パーマは通常パーマ液の1剤と2剤を使っていきます。

髪はコルテックスといタンパク質繊維が束になり、弾力性や強さを保っています。
まずは1剤を使い表面のキューティクルの間から内部に浸透させ、
さらにその内にあるコルテックスの内部のシスティン結合を切断させます。

これだけで終わってしまうとただ切断した状態ですので、髪形が作れません。
そのため2剤を使い切断したシスティン結合を曲げた状態で再び結合させます。
簡単に言うと、固定剤です。

ストレートパーマの場合は、髪をロッドで巻かずにストレートに固定して行うというだけで大きな違いはありません。

このように、髪の中身に働きかけて作り変えていくのがパーマです。

パーマでのダメージとその後のケアは?

パーマをかけた髪の繊維結合は、かける前よりも減少するため髪が弱くなります。
そのため、特に髪が細い人にとってはダメージが大きくなります。
髪が太くてしっかりした人なら、それほどダメージを感じないこともあります。
髪の健康のことを考えると、頻繁にパーマをかけるのはやめて多くても2~3か月に1度くらいにしましょう。

パーマをかけた髪はトリートメントなどをしてしっかりとケアしていくことで髪の状態を良くしていくことが出来ます。

また、パーマとカラーリングを同時にする方がいますが、ダメージが大きいので出来れば
間隔を2週間以上あけて行いましょう。