健康な髪を育てるために

健康な髪を育てるために~自分でできるヘアケアのコツ TOP

健康な髪を育てるために~自分でできるヘアケアのコツ

身体の健康や美容には気を付けているけれど、髪の健康となると気にしていない方が多いのではないでしょうか?

でも、髪も人に与える第一印象に大きな影響を与えています。
髪が健康な人は若々しく魅力的に見えますよね!

髪の健康も一度失うと取り戻すまでにかなりの時間がかかりますから、
今から髪の健康について考えてみましょう。

といっても何も特別なことはありません。
日々の小さな違いが数年後の大きな結果を作ります。

 

 

健康な髪ってどんな状態の事?

まずは、健康な髪とはどのようなものだと思いますか?

健康な髪とは、ツヤツヤとしていて潤いがあり、適度な弾力性のある状態です。

毛髪は3つの成分、キューティクル、コルテックス、メデュラで構成されています。

まず、一番外側に4~8層構造の組織キューティクルがあります。
紫外線などの外的な刺激から守るだけではなく、
髪の内側からも水分や栄養が逃げにくいように守ってくれています。
キューティクルが傷んでいると、枝毛や切れ毛が出来やすく髪がパサつき、
ごわついた状態になりますので、健康で美しい髪とは言えません。

次に、ほとんどの方に知られていないのがその内側にあるコルテックスです。
コルテックスは髪の全体の85%から90%を占める成分で、髪の色や強度、太さなどの性質を決定している部分です。
程良い弾力性があり丈夫で簡単に切れないことも健康な髪の条件ですから、
外側のケア以上に、コルテックスの保護や補修は美しく健康な髪を維持するための重要ポイントと言えます。

そして、中心にあるのがメデュラです。
空気を含んだ多角形細胞で出来ていて、髪のコシを出す働きがあります。

そして、見た目では分かりにくいかもしれませんが、酸性またはアルカリ性のどの状態になっているかということも
健康状態を測る重要なポイントです。

毛髪を作っているタンパク質(ケラチン)はpH4~6、弱酸性の時がもっとも安定で丈夫な状態ですから、
この状態を維持出来ていることが理想で健康な髪と言えます。

 

 

自分でできるちょっとしたヘアケアでも髪は変わります!

キューティクル、コルテックス、メデュラ
などと専門的な言葉を並べてしまうと、う・・・・・んと考えてしまう人もいると思いますが、

基本はいい状態の髪をキープすること。

もともと生えてくる髪は状態の良い髪のはずなのです。

ですから、その髪を伸ばしていくうえで、できるだけ髪にダメージを与えず、いい状態をキープできるかが重要なのです。

私たちが日常繰り返している「シャンプー」「ドライヤー」「パーマ」「ヘアカラー」・・・こういったものも髪を傷める原因になってしまいます。

ただし、その方法や、アフターケアをしっかりすればダメージを最小限で防ぐこともできます。

当サイトでは、そんな自分でできるちょっとしたヘアケアのコツを紹介していきます。

 

髪とヘアケアに関するおすすめ関連サイト

髪を守るためには、日常のケアが大切。

ヘアカラー、白髪染めは良質なものを使うこと。

白髪染めに関するサイト
白髪染めランキング|タイプ別おすすめはこれだ!
あきらめないで!キレイな髪は取り戻せます
白い部分が目立ってくると、本当に憂鬱ですよね。せっかくのおしゃれも、楽しむことができません。
でも、恥ずかしいから…と、まめに白髪染めをしたことで、ひどいダメージヘアーになってしまった方も多いようです。
「髪にストレスを与えない白髪染めってないのかしら…」…きっと、多くの女性たちが、そう願ってきたことでしょう。
そんな方のために、白髪染めの選び方を紹介しています。

 

髪の毛、ヘアスタイル、ヘアケアに関するサイト
髪型ヘアスタイルカタログ|ビューティーナビ・スタイル
ユーザー投票で男ウケ・女ウケ度もわかる髪型・ヘアカタログ。厳選された髪型の中からショート・ミディアム・ロング・メンズのスタイル別に探せる他、毎週更新の人気髪型ランキングも。今スグ見られるヘアカタログで最新の髪型をチェック!
今人気の髪型、自分に似合う髪型が探せます。美容院に行く前にチェック。